Mitsuboshicutlery – ナンバー1カトラリー

さまざまな種類のナイフ

ディナーナイフ

最もよく知られている主流のナイフであるディナーナイフは、伝統的な5ピースのカトラリーテーブルの一部です。その主な用途は、通常の食品を切ることです。ただし、バターナイフがない場合は、バターやジャムを提供して広げるために使用することもできます。刃は適度に鋭く(過度ではありませんが)、先端は鈍い点まで狭くなっています。

フォーマルディナーナイフ

通常、高級な食事やフォーマルな機会に使用され、フォーマルディナーナイフの品質ははるかに高くなります。これらのナイフのサイズは、平均的なディナーナイフよりも3分の1近く大きく、約3分の1重いです。これは、通常、購入するのに費用がかかることを意味します。

バターナイフ

このナイフの刃は、鈍い刃先と丸い先端を持っています。これらの機能により、バターナイフをバターやジャムを柔らかい食品に広げるのに最適です。

フィッシュナイフ

通常、サイズが小さいこのナイフには、魚を食べるのに最適な独特のヘラ刃があります。

ステーキナイフ

これらのピースは、通常鋸歯状の鋭い刃を持つ通常のディナーナイフよりも頑丈です。ステーキナイフは、肉のプライムカットによるスライス作業を簡単にするように設計されています。

異なるタイプのフォーク

ディナーフォーク

様々な用途に使用できる多機能な一品です。一部のレストランでは、魚料理、サラダ、肉料理のディナー、デザートにこの作品を利用しますが、主な用途はメインコースのみである必要があります。ディナーフォークは、伝統的な5ピーステーブルの設定に含まれるアイテムの1つです。

正式なディナーフォーク

平均的なディナーフォークと比べて重量が大きく、サイズが大きくなっているため、フォーマルディナーナイフにぴったりです。通常、高級レストランやより正式なイベントに使用されるため、購入価格が高くなります。

サラダフォーク

これは、ディナーフォークよりもサイズが小さく、より繊細です。サラダだけでなく、果物のスライスにも使用されます。

魚のフォーク

このフォークのサイズはサラダフォークに似ていますが、トライデントのように3つの尖叉(突起)しかありません。これにより、魚肉と骨の分離が容易になります。

デザートフォーク

サラダフォークによく似ていますが、構造はさらに繊細です。通常は柔らかく崩れかけたケーキやデザートを打破するために使用されるため、余分な重量や耐久性は必要ありません。

カクテルフォーク

標準の5ピーステーブルの設定に含まれているピースで、小さな前菜を食べるために使用されます。魚のフォークのように、尖叉は3つしかありません。

カトラリー、スプーン、金属

スプーンの種類

小さじ

その名前にもかかわらず、スープ、シリアル、デザートだけでなく、お茶やコーヒー飲料の明白な攪拌にも使用できる多機能ピース。このアイテムは、伝統的な5個のテーブルの設定の一部です。

スープスプーン

スプーンのボウルは、一般的に広くて奥行きがあり、より多くの液体を保持するように設計された楕円形です。このスプーンは、ティースプーンのより大きな形です。

ブイヨンスプーン

別のタイプのスープスプーン。通常は小さく、ボウルは浅めです。他のスープスプーンより丸みを帯びた形状です。

デザートスプーン

ボウルはより広く、より深く、ユーザーはより多くの液体と固形食品を一緒に保持することができます。

大さじ

このアイテムは、通常、テーブルの中央にある共同ボウルからの野菜のサービスに使用されます。小さじ1杯の形に似た大さじ1杯は、サイズがはるかに大きくなります。

デミタススプーン

小さじ1と密接に関連しているデミタススプーンは、エスプレッソなどの少量の温かい飲み物をかき混ぜることができるように設計された長いハンドルを備えています。

18/10対18/0? -カトラリーを作るために使用される鋼の種類

これで、基本的なカトラリーアイテムがわかったので、18/10または18/0グレードのステンレス鋼を購入する際の違いに注意する必要があります。
これらの数値は、鋼内のクロムとニッケルの含有率を表しています。
たとえば、18/10とラベルが付けられたステンレス鋼のカトラリーには、18%のクロムと10%のニッケルが含まれています。 または、18/0等級の食器は18%のクロムを含み、ニッケルはゼロです。
クロムはカトラリーの耐久性と強度を向上させる硬質金属物質であり、ニッケルは腐食のプロセスに抵抗するのに役立つ銀色の金属元素です。

どちらの等級にも独自の利点がありますが、どちらがあなたのレストランに最適かを決定するには、それぞれについての事実を比較検討する必要があります。

18/10等級のカトラリー

  • サビに強い
  • 高い耐久性
  • 明るく輝く光沢仕上げ
  • コストが大きい

18/0等級のカトラリー

  • 低コストの代替
  • 汚れる
  • 柔らかな輝き

カトラリーセレクション

カトラリーのどのグレードが要件に最も適しているかがわかったら、レストランの中心的な原則とテーマを最もよく反映するスタイルを選択する必要があります。最終的な選択は個人的なものになりますが、検討のためのソースを証明するかもしれない特定のガイドがあります。

スタイル

あなたのレストランの味と環境はあなたが選ぶ食器のスタイルを決定します。シンプルなデザインが高級ダイニング施設で安くて場違いに見えるのと同じように、フランボヤンスは飾り気のないレストランには合いません。受け取ったゲストのタイプ、および定期的に惹かれ、一般的な好みを反映することを目的とするゲストのタイプを考慮してください。伝統的なデザインまたはモダンなデザイン、丸みを帯びたハンドルまたはフラットなハンドル、装飾的な要素またはプレーンメタル、およびブラッシュドメタルかポリッシュドメタルの仕上げのタイプを検討してください。

耐久性と価格

視覚的な美学は、市販の食器の1つの要素にすぎません。豪華で目を引くカトラリーを購入しても、毎月かそこらを交換する必要がある場合は無意味です。部品の耐久性と寿命を保証するために、製造の品質を認める必要があります。ステンレス鋼は、経済的な価格と相まって強度があるため、人気のある選択肢です。ステンレス鋼の食器を適切にメンテナンスおよびケアすると、長年の使用を通じて高い水準を維持できます。 18/10と18/0の間で選択すると、製品の錆に対する耐性と製品に期待できる光沢のレベルが決まります。

バランスと重量

完璧な食器は、持つときに快適でバランスの取れた感触を持っている必要があります。カトラリーが重いほど、見た目が高くなり、耐久性も高くなります。フォーマルスタイルの食器は通常、平均的な作品よりも大きくて重いため、より高価であるため、主に高価な高級レストランで使用されます。より経済的な選択が必要な場合は、中程度の重量のアイテムのほうが手頃な価格になります。ただし、重量のあるものより少し薄っぺらです。

賢くマッチ

購入する前に、それらが完全に一致することを確認するために、既存の食器と一緒に潜在的な食器の選択肢をレイアウトすることをお勧めします。いくつかのカトラリーは、作品を単独で見ると理想的な選択のように見えるかもしれませんが、食器と組み合わせると、スタイルが互いに対照的で矛盾していることに気付く場合があります。

完璧な作品を見つけたら、適切なデザインとスタイル、正しい重量とバランス、完璧なメタルグレード、そして食器との理想的な組み合わせ。これらのアイテムを最大限に活用する方法を理解する必要があります。
速くカジュアルなレストランでは、テーブルを正しく置くことは簡単な作業です。通常、ディナーナイフ、ディナーフォーク、デザートスプーンが必要です。必要に応じて、ステーキナイフなどのその他の追加のピースが提供されます。
ただし、高級レストランのテーブルを設置することは少し厄介で、はるかに混乱する可能性があります。高級ダイニングビジネスを経営している場合、顧客は、最高の品質と、すべての品を正しい場所に正しく配置したテーブルを含む完全で退廃的なダイニング体験を期待するでしょう。

以下は、基本的なテーブル設定とフルテーブル設定の例です。

ステンレス鋼のスプーンとフォーク

レストランのテーブルセッティング

あなたが置かなければならないべき刃物:

  • ディナーフォーク
  • ディナーナイフ
  • スープスプーン
  • デザートフォーク
  • デザートスプーン

正しい配置:

まず、プレートを充電プレートの上に置いた設定の中央に配置します。ディナープレートの上にスープボウルを置くことができます。
食器の右上隅に水ガラスとワイングラスを置く必要があります。
ナプキンは、ディナーフォークを上にして、プレートの左側に座っている必要があります。
ディナーナイフは、プレートの右側に刃の内側を向けて配置し、その後にスープスプーンを置きます。
最後に、デザートフォークとスプーンをプレートの上のテーブルに水平方向に交互に置きます。

正式なテーブルセッティング

あなたが置かなければならないべき刃物:

  • バターナイフ
  • フォーマルディナーフォーク
  • フォーマルディナーナイフ
  • 魚フォーク
  • フィッシュナイフ
  • スープスプーン
  • ティースプーン
  • デザートスプーン
  • デザートフォーク

正しい配置:

サラダプレートの上に置かれたセッティングの中央に置かれたサラダプレートから始めます。
パンプレートは、パンナイフを上にして左上隅に配置する必要があります。
右上隅には、水ガラス、赤ワイングラス、白ワイングラス、シャンパンフルートを座らせます。
サラダプレートのすぐ上に、デザートスプーンを一番上に置き、その下にデザートフォークを置き、プレートの一番上に最も近い場所に置きます。
フォークはプレートの左側に座って、正式なディナーフォーク、フィッシュフォーク、サラダフォークを裏返しにしてください。
内側から外側に向かって働くプレートの右側に、正式なディナーナイフ、フィッシュナイフ、スープスプーン、ティースプーンを置きます。
ナプキンはきれいに折りたたみ、サラダプレートに繊細に配置する必要があります。

多くの高級レストランは、完全に均一な外観を作成し、レストランのすべての側面に関する細部への注意を強調する、食器と食器の間の一定の測定を要求します。

考慮すべき別のポイント:

専門の魚料理店を所有している場合は、特定の食器類は必要ありません。最も顕著なのはステーキナイフです。
その代わりに、ゲストがそれらのタフでトリッキーな殻付き料理に入るのに最適なツールを提供する追加のピースが必要になる場合があります。
たとえば、これらの硬い殻を突破し、肉にアクセスするために小さな隙間を掘るために特別に設計されたロブスタークラッカーとロブスターピックを含める必要がある場合があります。

食器の基本を理解することで、ケータリングのニーズに合った適切なカトラリーを簡単に選択できるようになります。彼らはシンプルな食事ツールかもしれませんが、それを正しく理解し、完璧な選択をすることはあなたのレストランを他のケータリング群衆から区別するのに役立ちます。

スポンサー

Mitsuboshicutlery.jpは、カトラリーに関して必要なすべての情報に関するコレクションページを作成する非営利プロジェクトです。 サイトの作成を支援するために、いくつかのスポンサーがいます。 一部には、サイトで広告スロットを購入する選択肢があります。[email protected]

KAJINO
qyto