初心者のためのジャペネスの食べ物と娯楽

フードエンターテインメントは、日本の食文化に欠かせない要素です。おおまかに2種類あります。ひとつは、お客様に調理手順をお見せすることです。シェフの料理の腕前をじっくりと見て、料理の真価を評価したり、料理の一部をシェフと一緒に楽しんだりすることができます。もう一つは、レストランが用意する他のエンターテインメントプログラムを楽しむことです。ショーやパフォーマンスなど、さまざまなエンターテインメントプログラムをご利用いただけます。食事をしながら、独特の日本文化を体験することができます。

料理によるエンターテインメント

日本の代表的な料理のひとつである寿司は、料理のエンターテインメントの完璧な例です。客は寿司職人に面したカウンター席に座ります。シェフは目の前でお客様のご注文に応じて寿司を作り、その腕前を目の当たりにすることができます。また、回転寿司のプレートを回転寿司に乗せて、すべての客を通り過ぎる回転寿司レストランは、日本では一般的です。

鉄板焼きやお好み焼きなどのレストランでは、シェフがお客様の前で鉄板焼きを調理します。お好み焼きのパンケーキを自分で作るところもあります。

レストランでの他の娯楽プログラム

メイド喫茶は、注文した食べ物や飲み物で追加のエンターテイメントを楽しむことができる場所の良い例です。ここでは、メイドコスチュームを着たウェイトレスとおしゃべりしたり、写真を撮ったりすることもできます。

東京・赤坂のコスプレレストランでは、ウェイターとウェイトレスが忍者の衣装を着ています。東京都新宿区には、さまざまなロボットショーを見ながら食事ができるレストランがあります。日本では有名な歌手や俳優を模したコメディアンが人気で、東京にはショーを見ながら食事ができる場所があります。代わりにカジノをプレイすることに興味がある場合は、NetBetカジノで行うことができます。

品質を追求する

品質を軽視したり、安価な農産物で手抜きをしたりしないでください。これがモンリーの一番のヒントです。彼女のディップは、アボカド、ビートルート、カネリーニ豆、ナッツとシードのラヴァッシュ、ミントスライスやキャラメルポップコーンなどの御馳走から社内で作られています。

とはいえ、自分でクリスプブレッドを一から作ったり、派手なクラッカーに大金を費やしたりする必要があるわけではありません。地元のファーマーズマーケットでは、ほとんどの商品がリーズナブルな価格で販売されているか、そうでない場合は、ブティックの食料品店で質の高い商品をいくつか集めています。

カラフルにする

人々は本当に「目で食べる」ので、プラッターがカラフルであればあるほど良いとモンリーは言います。ベリーやフルーツは視覚的な「リフト」を与え、食用の花は繊細なタッチを加えます。

楽しいディスプレイは子供にとって特に重要ですが、量ははるかに少なくなる可能性があります。たとえば、きゅうりを星に切ったり、スイカをハートに切ったり、スイカの輪にブルーベリーを目として置いてもらい、子供たちを巻き込みます。

数字によるプラッター

3つのグループはあなたのプラッターに魅力的な対称性を与えます、とモンリーは言います。 「3種類のチーズ、3種類のクラッカー、3種類のベリー、プラッターの上でバランスが取れています。」モンリーは、ボード上に単一の材料の「塊」を置くのではなく、アイテムを均等に広げることを提案しています。これは見栄えが良く、ゲストがテーブルのどこからでも食材を手に入れることができることを意味します。

全体に3つのチーズを配置することから始め、ゆっくりとそれらの周りに構築し、クラッカー、レタスカップ、ナッツやフルーツなどの小さなスナックアイテムで隙間を埋め、最後に最も明るいベリーや花を上に置きます。または、スタンドの中央に大きなチーズを1つ置き、そのホイールの周りに作ります。そして、本当の「すごい」効果のために、あなたが見つけることができる最大の丸い木製の大皿を使ってください。